格安SIMの特徴と気になる評判や口コミについて

格安SIMの特徴と気になる評判や口コミについて

一般的なスマホユーザーが1ヵ月に使う通信量の平均はどのくらい?

スマホユーザーはスマートフォンを契約する際にデータの通信容量を選択する必要があります。
大手キャリアではかけ放題プランが適応されてから月間で使用するデータ通信量を選択することが可能になりました。
更には近年話題を集めている大手キャリアから回線を借り受けて格安でsimカードを提供している仮想移動体通信事業者でsimカードの契約をする際にはデータ通信量を選択する必要があります。
月間通信量を多くすることにより料金は高くなりますが、より多く高速でデータ通信をおこなうことが可能になります。
また月間通信量を少なくすると料金は安く抑えられますが通信量の上限を超えてしまうと制限がかかり、通信速度が低下します。
データ通信量は動画の閲覧やオンラインゲーム、ダウンロードなどをおこなうユーザーは平均して通信量が多く、電話やメール、インターネットの検索エンジンなどを主に利用するユーザーは平均して通信量が少ない傾向にあります。
自宅にWi-Fi環境が整っている場合にはスマートフォンをWi-Fiに接続することにより、データ容量に関係なくインターネット通信が可能になりますので使用用途によっては通信量を抑えることができ、大手キャリアではスマートフォンとインターネット回線を同時に申し込むことにより、トータルの通信費を安く抑えるプランなども提供している為、スマートフォンの利用はもちろん、PCやタブレット端末での通信をおこなう場合には通信費を安く抑えることの出来る方法の一つとなります。
自分自身が使用しているデータ通信量は契約している携帯会社によって操作は異なりますがスマートフォンで確認をすることが出来ますので毎月チェックすることにより、より自分に合ったプランを選択することが出来ます。
データ通信量は後に契約容量の変更なども可能である為、スマートフォンの利用頻度が急に増えたり、極端に減ったといった変化に対応することも出来ます。

 

格安simに変えようと思った一番の理由は携帯料金の節約を考えたからです。現在iijmioのミニマムスタートプラン3GB音声通話機能付きで毎月およそ2000円で利用しています。乗り換える前はsoftbankで毎月7000円ほど支払いしていたので大きく節約することができました。
格安simのプランの中でも一番安いプランにしたので、通信環境や通信制限などが気になりましたが、なんの問題もなくとても利用しやすいです。wifi環境の中利用することが多いので、データ量も十分なうえに、専用アプリでデータ量を確認できるという点が素晴らしいと思います。
さらに余ったデータ量を次月に繰り越して使えるということを利用していているうちに気づき多くのメリットを感じました。
格安simに変えて良かったなと思います。

 

こちらもおすすめ:格安スマホ比較labo | おすすめ&デメリット少ない会社Best5